ささのはさらさら

愛知県西尾市/自然栽培物語です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

子守りしながらつれづれと

私は父に小さい時から
「早く独立して、家を出て行け」て言われ続けておりました。
ようやく24だったかな、
当時奈良県への就職を機に長い間育った家を出ました。

それまでは一人でお金を稼いで生きていけるものなのかと
心配で・・・
そしていずれはそうなるのかな~と
不思議で・・・

でもまあ~やってみればなんて事はない、
一人で生きていく事はもちろん出来ませんが、
なんとかなるものです。

それから10年くらい経ちましたが
なんとまあ2児の父になり
10年後、20年後はどうしているのかな~
と考える年になりました。

子守りをしながら、そんな事を考えていると
昔のテレビのコマーシャルを思い出しました。



どうですか懐かしいですね。
たくましく育って欲しいです。

スポンサーサイト

PageTop

読書

読書は身軽な旅です。
(今日もていねいに)

私本を読むのが好きです。
でも内容は全然覚えておりません。

でも好きです。

同じ様な事を本で書いている人が。
松浦弥太郎
「暮らしの手帳」の編集長です。
読書スタイルを端的に表現されていてびっくりです。

すごいなと思いました。

今日もていねいに。今日もていねいに。
(2008/12/11)
松浦 弥太郎

商品詳細を見る

PageTop

女の子向けはアニメでしか表現出来ない?

昨日の食卓の話題。

実写の女の子向けテレビ番組は見た事がないような気がする。
男の子はもちろんありますね。ゴセイジャー 仮面ライダー。

女の子は・・・思い当たらない。

女の子のロマンチックな思いはアニメでしか表現出来ない
と結論づけてしまいましたが
本当になかったかな~。

近頃、プリキュア&ゴセイジャーにハマっている
Vegeta屋(べじたーや)一家です。

PageTop

言葉

愛という言葉に否定的なイメージがなかった私。
愛=執着と言われた時、とてもびっくりしました。
今となれば分かるような気がする・・・。
いわゆる
「愛しているが故に」というやつですね。
ようは
「執着心がが故に」という事だったんだ。

なんの事かというとまたまたひろさちやから


この”愛”について、『岩波・古語辞典』は。
次のようにコメントしています。
(儒教的には孔子の情などのように相手をいたわり、生かそうとする心持ちをいい、仏教的には自分を中心にして相手への自分の執着を貫こうとする心持ちをいう。仏教では「愛」を必ずしもよいこととは見ていない。また概して優位にあるものが弱小のものをいとおしみ、もてあそぶ意の使い方が多かったので、キリスト教が伝来したとき、キリシタンはキリストの愛を「愛」と訳さず、多く「ご大切」といった)
日本語というものは、本来は上下関係を意識して使われる言葉なんです。たとえば、”遣る”といった言葉も、優位にある者が下位にある者に、あるいは同等の位置のある者同士のあいだで、”物を遣る”といった表現はできますが、下位の者が上位の者に”遣る”と言うことはできません。そんなことを言えば、その人の常識が疑われます。そういう場合は、”差し上げる”あるいは”貰っていただく”と言わねばならないのです。もっとも、近年は日本語もだいぶ乱れてしまいましたが・・・・・・。
”愛”という言葉ももともと目上の者が目下の者に対して言う言葉だったのです。殿さまが家来に「愛い奴じゃ」と言うことはできますが、家来が殿さまに「愛い人です」と言うことはできません。だから、キリスト教で、
「隣人を愛しなさい」
と教えているのも、それを本来の日本語で捉えるならば、
「あなたの隣に住んでいる弱い落ちぶれた人間に、ちょっと目をかけてやりなさい」と言っていることになります。それだとイエスがいったことと違ってきます。それで十六世紀のキリシタンは。”愛”といった言葉を避けて”ご大切”と訳したわけです。
(ひろさちや 愛の研究より抜粋)

PageTop

いのちのごはん

雨の日は読書。
職業柄、野菜関係の本を読む事が多いですが、
心のスーッとする本でした。
少し長いですが、引用します。


道とは何か?

頑張らない事だ。
頑張れば頑張るほど、道から遠ざかる。

・・・(中略)

頑張らないとは・・・
何か一つの出来事があるたびに、いちいち答えを
出してしまわないことだ。
答えを出さないと落ち着いていられないのは、
大いなるものの(サムシング・グレート)に
自分を預けきれていないからだ。

・・・(中略)

頑張って得られるものは何か?
満足感だ。
では、失うものは?
それ以外のすべてだ。

人世で大事なこと、
それが何かがわかって生きている人は、
めったに頑張らない。

めったに頑張らないが、たまぁに頑張らないと
いけないときがある。それは、

・人生で大事なものを守るとき
・人生のゲームを楽しむとき
・神がかるとき

いっけん、ちゃらんぽらんに生きている人でも、
人生で一番大事なものがわかって生きている人は
天命の99%は果たし終えている。
あとの1%はわからないままでいい。
だから、99%の人生を生きていたら、
あとの1%は何をしていたってかまわない。

・趣味
・恋愛
・結婚
・仕事
・結果
・実績

なんてものは、しょせん残りの1%に過ぎないのだよ。


私、頑張るのは嫌いです(笑)

おもしろかったですよ。
大阪府枚方市にある新自然食「ゆにわ」の店長が書いた本です。
大阪に帰ったさいには是非行って見たいです。

軽くて現代的で、明日からキチンと生活していこうという
気にさせてくれる本でした(笑)料理は心ってね。
梅雨が終わるまでに是非。


いのちのごはんいのちのごはん
(2009/10/31)
ちこ

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。